出会い系で地元の同級生の人妻セフレをゲット

体験談

親戚に不幸があり、今年のお盆は久しぶりに埼玉の実家に長めの帰省することに。

とはいえ、田舎ではやることもなくすぐに飽きてしまいました。

退屈だし女の子とでも遊ぼ、と思いいつも出会い系サイトを開いてこの近辺にいい子がいないか検索。

すると、見覚えある顔が。

年齢を確認すると私と同じ30歳。

間違いない、この女性は中学の同級生だった理沙ちゃんです。

確か地元の先輩と結婚したと聞いたのですが、なんかわけがありそうです。

中学の時はそれなりに仲がよかった私たち、ちょっと迷いましたが思いきって連絡してみることに。

我々の卒業した中学の名前をだし、当時の私のあだ名からメッセージを送ってみました。

「こんにちはー、もしかして○○君?」

すぐに返信が帰ってきました。

その通りだと伝えると

「えービックリめっちゃ久しぶり成人式依頼じゃん!」

と好反応。

これは、チャンス到来だと思い実家に帰ってることを伝え、近いうちに会えないかと連絡しました。

「いいよー!えーめっちゃ久々でドキドキする(笑)」

あっさりOK。

そこで、彼女が近いからと指定してきた所沢駅で3日後に待ち合わせすることに。

同級生人妻とのデートなんて初めての経験、前日には年がいもなくドキドキで眠れませんでした。

待ち合わせた所沢駅の改札に現れた理沙ちゃん、バスケ部だった長身ですぐ見つけることができました。

白いノースリーブに青いロングスカート。

人妻らしい落ち着いた格好がそそります。

「いやー久しぶり、まさか理沙ちゃんと会えるなんて」

「こっちもビックリだよぉー、なんか男らしくなったね、中学の時は私より小さかったのに」

そんな会話を交わしながら、駅前のファミレスでご飯。

お互いの近況や、同級生の消息の話など話は尽きません。

「理沙ちゃん結婚したんでしょ。おめでとう」

そう口にしたとき、彼女の顔がちょっと陰りました。

「ありがと、でも旦那仕事でずっと単身赴任なんだ、結婚生活なんて実質一年もないよ」

寂しかったのでしょう、彼女はポツリポツリと満たされない生活を語りだしました。

私は彼女の手を握り、ひたすらその話を聞きました。

「なんかゴメンね、暗い話ばかりで。寂しくて出会い系に手を出しちゃったんだ。最低かな」

「人間そんな強くないよ、俺でいいなら少しでも力になるから」

「ありがとう、優しいね」

私たちの視線が絡まり、どちらともなく手を取って店を出て繁華街のホテルに向かいました。

理沙ちゃんは寂しさを埋めるように、私におもいっきり甘えてきました。

そんな彼女が可愛らしく、優しく何度も抱いてやりました。

「今日はありがとう、ねえまた帰ってきたら会ってくれる?」

ベッドでそんなこと言われて断れるわけないじゃないですか。

こうして、私は地元に同級生人妻セフレをゲットしました。

同級生と奇跡の再会。

出会い系さまさまですね。

セフレ募集掲示板ランキング
PCMAX
PCMAX

《24時間サポート体制》街で見かける大人の関係の出会い向けの総合掲示板サイト★セフレ募集中の人妻や熟女の投稿多数といえば無料登録可能な『PCMAX』※18歳未満はご利用できません

イククル
イククル

イククルは会員数1000万人を超え、人妻や熟女のセフレ募集に登録している女性が数多くいる出会い掲示板サイトです。無料で登録可能なので多くの女性にアタックできます。※18歳未満はご利用できません

恋友
恋友

恋友では人妻・熟女とのセフレ割り切り目的の出会い体験も多くサポート体制も充実しています。検索機能も充実している恋友はとりあえず無料登録しておいて間違いありません。※18歳未満はご利用できません

体験談
teporochoをフォローする
【セフレ募集】人妻・熟女出会い掲示板